225売買ルール完全マニュアル  朝30分でトレンドに乗る  完全自動売買

日経225先物取引の損益とは



日経225先物取引は、「買建」と「売建」という2つのスタンスで利益を狙います。



「買建」をするのは、日経平均が上昇するだろうと予想した場合です。

たとえば現在の日経平均が14000円だとします。

その後に予想通り日経平均が上昇して14500円になった場合、転売すると、その上昇分500円が利益です。

逆に、13500円に下落しその時点で転売または満期を迎えた場合には、下落分500円が損失です。



「売建」をするのは、「買建」とは逆の場合、つまり日経平均が下落するだろうと予測した場合です。

現在の日経平均が14000円だとして、予想通りその後13500円になったとします。

その時点で買戻しすると、下落分の500円が利益です。

逆に14500円まで日経平均が上昇し、その時点で買戻しまたは満期を迎えた場合、上昇分500円が損失です。



「投資する」と聞くと、価格が上昇している局面で利益が出るイメージが強いものですが、日経225先物取引の場合には、下落している局面でも利益を出すことが可能です。

これは日経235先物のメリットです。

しかし、自分の思惑と外れた動きをした場合には、利益が出しやすい分だけ損失も大きいので気をつけましょう。

どちらの取引の場合も、実際は1000倍単位での取引なので、500円プラスの場合は50万円の利益、500円マイナスの場合は50万円の損失が実際の評価です。



1日につき、日経225先物はおよそ100〜300円の動きがあります。

10円の値動きによって10000円の損益が発生するという資金効率の良さに人気が集まっています。
もっと知りたいなら→金融ブログランキング


日経225先物の利益確定



日経225先物を取引する際の「利益確定(利食い)」についてご紹介します。



デイトレードは、大引けで決済することをルールとしています。

 「せっかく利益が出ているのに、大引けまで待っている間に元に戻ってしまった」
 「かえって損が出てしまった」

こういう場合が、少なからずありますね。



システムトレードは、一定のルール設定をして実践してゆくので、都合の良い時だけ「利益確定」や「ロスカット」することを目指すのは、システムトレードの範疇から外れてしまいます。

それは、「裁量取引」の部類に入ります。

その時々の裁量でうまくやれたら、誰も苦労などしません。

ですから、一定のルール設定という意味での利益確定の「是非」と「損得」について検討しましょう。



利益確定の効果は、「勝ち数が増えて勝率が上がること」にほかなりません。

つまり、勝てる時には小幅であっても勝ちの確定をしておくことです。

しかし、その反作用があります。

利益の上限にキャップが被せられることになるので、大勝ちのチャンスの放棄が発生してしまいます。



ロスカットの場合には、「損失の増大」という事態に歯止めを掛ける機能という大義名分があります。

それで、収益全体に悪影響があった場合でも、ロスカット採用の理由がありました。

日経225先物取引の利益確定の場合は、収益全体によい影響を与えるかどうかが採用判断の分かれ目です。



「勝率が上がるだけで気分が良くなる」という意見も、確かにあるでしょう。

しかし、気分よく継続するという重要性はあるにせよ、それは二の次にすべきです。

リスクを取って投資をする以上は、あくまでも「収益を上げる」ということに焦点を合わせなければならないのです。

もっと知りたいなら→金融ブログランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。