225売買ルール完全マニュアル  朝30分でトレンドに乗る  完全自動売買

日経225先物取引とは



日経225先物取引とは、日経平均を株のように取引するものです。

日本株には、「信用取引」という証券会社から資金・株券を借りた売買の方法があります。

日経225先物取引も、似たような取引が可能です。

ある特定の期日(満期日)に、日経平均株価指数を現時点で決められた約定金額で取引することを契約するという仕組みです。



連日ニュースを賑わせている「年金問題」。

最近はその影響もあって、リスクを取ってでも資産運用をして資産を増やさなければ…と考える人が増えています。



バブル崩壊後に投資が落ち込んだ日本株式にも、また活気が戻ってきました。

ネット取引が可能になり、株式取引システムの利便性が向上する中、最近注目されているのが『日経225先物取引』です。



日経平均が下がっている局面で買い、購入時より値が上がった時に売るというシンプルな方法です。

信用取引のように売りから取引することもできるので、相場が下がっている局面でも利益を狙った取引を開始できます。



日経225先物取引は、個別銘柄に集中投資するのではなく、日経平均(東証1部上場銘柄の中から選別された株価の平均)に投資をします。

分散投資が可能であり、値動きを追いやすいでしょう。

また、個別株のリスクである企業の倒産という危険性も極めて少ないのが、日経225先物取引です。



日経225先物は、通常の場合1000万円単位での取引です。

つまり、日経平均のおよそ1000倍の価格で取引することになるので、損益の出方が大きくなります。

利益が10円出た場合には10000円のプラスになり、逆に10円の損が出た場合には10000円のマイナスになるということです。



日経225先物取引は、「取引代金×数%」の証拠金で取引できます。

「レバレッジ効果」という、少額の資金で大きな運用成果を得ようとする取引手法です。

少ない資金で大きく儲けるチャンスはありますが、同じ分だけ損失も大きくなる可能性があります。

ハイリスク・ハイリターンの運用方法ですから、注意しましょう。

もっと知りたいなら→金融ブログランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。