225売買ルール完全マニュアル  朝30分でトレンドに乗る  完全自動売買

日経225先物取引の具体的取引方法とは



日経225先物取引は、具体的にどのように行なわれているのでしょうか。

簡単にご説明します。



まずはじめに、証券会社に口座を開設し、証拠金を差し入れます。

金額は証券会社によって異なります。

50万円以上は必要になると考えてください。

このあたりは、口座を保有している会社に問い合わせるのが一番ですね。



その後、日経平均の相場を予測します。

日経平均株価が上がると予想した場合は「買い(買建)」のスタンス、下がると予想した場合は「売り(売建)」のスタンスを取ります。

いずれのスタンスでも、その時の相場状況に合わせて取引をします。
 ・満期まで保有するか
 ・満期までに反対売買するか(転売をするか、買い戻しをするか)

日経平均株価が予想と反対に動いた場合には、損失が発生します。
注意しましょう。



日経225先物取引は、すべてにおいて「差金決済」で決済されます。

手元の資金を決済する場合には、「建値」と反対売買の際の「埋値」との差額を受け渡しします。



決済の方法は、「反対売買」と「SQ決済」の2通りあります。

反対売買とは、満期までに、買建の場合には転売で、売建の場合には買戻しで、建値と埋値との差額を決済することです。

SQ決済とは、各限月の第2金曜日に、日経平均株価の構成銘柄である225銘柄の寄付き値で計算した日経平均株価(SQ値)で建値との差額を求め決済することです。



先ほど登場した「満期」は、「限月(げんげつ)」とも呼ばれています。

日経225先物取引は、3月、6月、9月、12月の第2金曜日の前日が取引最終日です。

これは「限月取引」といい、取引最終日が近いものから5つの限月取引が並行して行なわれます。

たとえば現在が2月だとすると、取引最終日の近いのは3月です。

取引される限月は、3月、6月、9月、12月、来年3月の5限月になります。

そして1つの限月取引が終了した場合、翌日から新たな限月取引がスタートします。

もっと知りたいなら→金融ブログランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。