225売買ルール完全マニュアル  朝30分でトレンドに乗る  完全自動売買

日経225先物取引の『理論価格』と『裁定取引』



日経225先物の価格は、どのように形成されるのでしょうか。

簡単にご説明します。



日経225先物取引における取引価格は、日経平均株価の動向に左右されます。

しかし、実際にはそれだけではありません。

需要と供給の関係『需給関係』で決定されるという局面もあるのです。

むしろ『需給関係』の方が重要であると言っても過言ではないでしょう。



「理論価格」とは、日経平均株価(現物)を基準にしていくつかの要素を加味して算出される先物価格です。

いくつかの要素とは、以下の点を指します。
 ・日経平均株価(現物)
 ・短期金利
 ・配当利回り
 ・満期までの期間



これらの要素を利用し、下記のような数式を立てて計算します。

それによって、理論価格を算出できます。

理論価格 = 日経平均株価 × { 1 + (短期金利 配当利回り) × 満期までの日数 / 365 }



計算の結果算出された理論価格と、日経225先物取引価格を比較してみます。

@ 理論価格が日経225先物の価格より低い場合は日経225先物の価格が割高

A 理論価格が日経225先物の価格より高い場合は日経225先物の価格が割安



上記の関係を利用して、日経225先物と現物の日経平均株価との価格差に注目して利益を出す取引手法を『裁定取引』といいます。

@の条件の場合は日経225先物を売建て、日経平均株価を買建てる「買い裁定」です。

Aの条件の場合は日経225先物を買建て、日経平均株価を売建てる「売り裁定」です。



裁定残とは、裁定取引に伴う先物建玉数のことですが、実際にはこれが「買い裁定」かなりの割合を占めています。

もっと知りたいなら→金融ブログランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。