225売買ルール完全マニュアル  朝30分でトレンドに乗る  完全自動売買

日経225先物と日経225ミニの徹底比較



日経225先物取引より少ない資金で始められる商品が、平成18年7月から大阪証券取引所で取り扱われるようになっています。

この商品は、『日経225ミニ』です。

日経平均株価の100倍を1つの単位として取引します。

つまり日経225先物取引の10分の1です。



日経225先物取引は、証拠金が以前より低減され、個人投資家の身近になってきています。

日経225ミニは、さらに少額の元手で、日経平均株価対象の先物取引が可能になったのです。



日経225ミニは、証拠金約5万円です。

証拠金の額はあくまでも想定で、実際の額は各証券会社によって異なります。

詳細は、証券会社にお問い合わせ下さい。



日経225先物の場合は、値動きの幅が10円なのに対し、日経225ミニの場合は5円です。

値動きの幅によって損益も変わってきますから、値段が一刻み動いた場合の損益は、日経225先物が10000円であるのに対し、日経225ミニは500円です。



このようなレバレッジ効果は、利益という面だけではなく、損失の面でも作用します。

相場の変動により、現金で証拠金の追加差し入れが必要であったり、証拠金を上回った損失が発生する場合もあります。

日経225先物取引だけでなく、日経225ミニにも注目が集まっているのは、同じ値動きの場合に、日経225先物取引よりも日経225ミニの方が利益の額が少ない分、損失を抑えられるという理由があります。

とはいえ、それでも損失が出ることに変わりはないので、十分な注意が必要です。

もっと知りたいなら→金融ブログランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。