225売買ルール完全マニュアル  朝30分でトレンドに乗る  完全自動売買

日経225先物取引の情報収集のいろいろ



日経225先物取引を行なうためには、様々な角度からの情報収集が重要です。

初めて先物取引をする方にとっては、情報収集の方法は悩みの種でしょう。

そこで、具体的な情報収集の方法をご紹介します。



ポピュラーで取り組みやすい方法は、新聞からの情報収集です。

専門的に情報を網羅している新聞を見てみましょう。

例えば「日刊工業新聞」「日経金融新聞」などです。

これらの新聞を参照されると良いでしょう。



政治や経済情報など、相場に大きく関わっている情報が入手できます。

専門家のコラムで少しずつ投資の勉強やスタンスを固めていくこともできます。

日経225先物取引開始前からこれらの新聞を購読し始めると、すんなりと取引に入れるでしょう。



最近では、書店で様々な投資についての書籍や雑誌を目にします。

本からの情報収集も一つの方法です。

しかし、本からの情報というのは、新聞に掲載される情報と比較すると、発行までの時間がかかっているので最新ではありません。

ですから、中長期的に見た情報や取引についての一般的情報である日経225先物データなどの先物情報を得るものと心得ましょう。



購入する本のテーマをあらかじめ決めておいてください。

さもないと、書籍を選ぼうとしても、投資コーナーには数多くのスタンスやチャートを使用した方の著書がありますから、かなり悩んでしまうでしょう。



自分が実際に取引する会社からの情報も大切にしましょう。

担当者からの情報提供や、刊行物による先物情報の提供が受けられます。

生きた情報が手に入り、自分のスタンスを修正してくれる情報に出会える場ともなりえます。



情報の早さでは、インターネットがダントツですね。

個人でも多くの情報を簡単に入手可能なため、急速に広がっています。

しかし、書籍と同様、情報の多さが邪魔をして選択には手間と時間がかかってしまうでしょう。

また、インターネット特有の問題である「不確実性」や「情報操作」も課題となる点です。

もっと知りたいなら→金融ブログランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。