225売買ルール完全マニュアル  朝30分でトレンドに乗る  完全自動売買

システムトレードのためのデータ取得


日経225先物をシステムトレードで取引する際には
そのシステムを構築するにあたってデータ取得を行ないます。

日経225先物には、3月、6月、9月、12月限月と
1年間で中心となる限月が4回も変わります。

それで常にデータを連続的に保存していく必要があります。


金融データといえば『YAHOOファイナンス』が頭に浮かぶ方が
多いかもしれません。

しかしこのサイトでは日経225先物のデータは扱っていません。
別の情報ソースが必要ですね。


会員登録が無料のところも有料のところもあります。
それぞれが気に入ったサイトを選ぶかと思いますが
定評のあるデータサイトをご紹介しておきます。


■ 225ラボ

1990年1月から直近までの4本値データを取得できます。

ザラ場におけるデイトレードシステムを構築する必要がなければ
これで十分でしょう。

出来高データはありません。
1分足から60分足のデータも取得可能です。

期間が2005年からであるため、やや短いと感じる方います。
デイトレードシステムを長期間検証したい方には物足りないかも
しれません。

そうは言っても日経225先物の4本値データを取得できますから
検証作業が可能になります。

トレードの対象銘柄が1銘柄なので、よほど複雑にシステム構築を
しないということならば、エクセルだけ使用して実用に耐えられる
システムを構築できるでしょう。


その後、有効な売買ルールを探す検証作業を行ないます。

やみくもな検証作業を行なっても意味がありません。
定番の関連本やウエブサイトで情報発信している人の案を検証する
ところからのスタートが良いでしょう。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89312343
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。