225売買ルール完全マニュアル  朝30分でトレンドに乗る  完全自動売買

シンガポール取引所


日経225先物は以下の取引所に上場されています。
 ・日本の市場である大阪証券取引所
 ・CME(シカゴマーンタイル取引所)
 ・SGX(シンガポール取引所)

これらは同じものを扱っているという点で通じるところがあります。
しかしそれぞれ全く別々のマーケットです。

大阪市場で購入したポジションをCMEやSGXで売却する、といったことは
できません。


大阪証券取引所においては、以下のサイクルで取引されます。
 ・前場 09:00-11:00
 ・後場 12:30-15:10
 ・夕場 16:30-19:00

シンガポール取引所では、以下のサイクルで売買が行なわれます。
 ・前場 08:45-11:15 (日本より15分早い)
 ・後場 12:15-15:30
 ・夕場 16:30-20:00


大阪市場より15分取引時間が早く開始されるシンガポールの日経平均先物は
日本市場の寄り付きを占う上で、市場参加者は注目します。

大阪証券取引所の売買が始まる9:00には、SGXの日経225先物と
大阪証券取引所の日経225先物の寄付きは、ほとんど同等のものに
サヤ寄せしていく形になります。

大阪市場がスタートした9時以降は、二つの市場で日経225先物が動きます。
ですから2つの市場での動きはほぼ同じになるといえます。


大阪は11:00-12:30までは昼休みです。
しかし、SGXの後場は12:15から始まります。

このタイミングでも、SGXの後場における気配が大阪の市場の後場寄り付きに
少なからず影響を与えます。

若干時間差がある状態で進行する2つの市場は、互いに売買の具合をうかがいます。
そして、互いの市場における売買に影響を及ぼしているのです。


ちなみに、シンガポール取引所には日経225先物以外にも以下のものが
上場しています。
 ・日経225先物オプション
 ・石油・貴金属先物
 ・ユーロ・ドル・円金利先物
 ・同オプション取引
 ・日本国債先物取引

もっと知りたいなら→金融ブログランキング



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89257380
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。