225売買ルール完全マニュアル  朝30分でトレンドに乗る  完全自動売買

日経225先物取引の重要指標


日経225先物をトレードする上で「注目すべき材料」と「情報収集の方法」
をご紹介します。

日経225先物は、次のところに上場しています。
 ・大阪証券取引所
 ・CME(シカゴマーンタイル取引所)
 ・SGX(シンガポール取引所)

実施については、大阪主権取引所の先物を上場します。

海外市場における日経225先物の動向は、大阪の取引に影響を与えています。
海外の市場は、日本との時差があります。

ですから大阪の市場で取引される時間の前後にこれらの国の状況を
把握することが大切です。
その日の大阪市場の動向を読めるからです。

これら3つの取引動向は、類似する点がたくさんあります。

日経225先物というのは日経平均の先物で、投資対象は株式です。
ですから、株式相場は為替相場や商品相場の影響を受けます。

為替相場についてはドルとユーロ、商品相場については原油と金の
代表的な指数動向に敏感になりましょう。

最近では特に為替相場と株式相場との相関性が高くなっています。
米株高=ドル高 などといった傾向が、顕著にみられています。

また原油価格や金価格の上昇は、インフレリスクによる利上げ観測へ
つながります。
それで通貨の買い需要が増加することも多々あります。

投資の情報収集全般についてですが、パソコンの前に座っていなくても
携帯電話を活用することで、リアルタイムに情報収集ができるように
なってきました。

携帯電話のパケット代は、時間制限のないコースを選んでください。
注文だけではなく、情報収集も携帯電話で行なえると便利ですね。

いつも相場とつながっている環境を作ることが大事です。
相場観がどんどん養われるのです。
もっと知りたいなら→金融ブログランキング



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89175155
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。