225売買ルール完全マニュアル  朝30分でトレンドに乗る  完全自動売買

日経225先物のマネージメント


日経225先物取引に限ったことではありませんが、市場への投資
において、1回の取引でどのくらいのリスクを取るかは重要です。

投資でのリスクは1回あたりの取引のリスクが積み重なったもの
と言えるからです。

たとえば、100万円の資産に対して1回あたりのリスクを5万円まで
とします。

その場合にはストップロスオーダーを駆使することで、20回連続で
負けが続かなければ、全資産を失ってしまうということはありません。

有名なトレーダーが実践している方法を挙げます。

資産1回の取引資金を10等分し、1回の取引でその資金の10分の1以上
にあたるリスクは取らないというものです。

こうすると、1回の取引についての売買リスクを事前に把握できます。
ですから予想外の損失を被るということはなくなりますね。

日経225先物の取引の中で、1回の取引がマイナスになることもあります。

損失を出すと「すぐに取り返したい!」という気持ちになってしまう
ものですね。
損をした時の精神状態は、決して冷静ではありません。

損をしたトレードの次の取引は、取引量を縮小することが重要です。

「損金を取り戻す」というのではなく、あくまでも「勝つ」という
経験を取り戻しましょう。
それが長期的に見た際にロジカルな売買を継続できる秘訣といえます。

もし負けが続いてしまったら、その分取引数量を減らして負けも勝ちも
幅を小さくしましょう。

とりあえずは連敗を食い止めることを優先すべきです。

この場合には、通常よりストップ幅を小さくしてください。
連敗でも、資金の目減りを限定的にできる対応をするほうが賢いでしょう。

日経225先物で得た利益を再投資するというのは、複利の観点から
有効です。

しかし勝ちが続いて証券口座の金額が大きくなった場合は、一部資産を
売買に使う資金と分けて管理してください。

相場に「絶対」はないので、万が一の状況が訪れた時に引き出せる資金を
用意しておく方が良いからです。

引き出した資金を信用して過度にリスクをとってしまうと、意味がありません。
要注意ですね。
もっと知りたいなら→金融ブログランキング



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。